フリーランスになるには プログラミング

【効果的】プログラミング3ヶ月で結果をだすなら案件をこなそう!

悩んでいる人
・プログラミング3ヶ月がんばって結果をだしたい。

・将来はフリーランスで活躍したいな。

こういった疑問に的確に答えます!

しむけん
こんにちわ。しむけんです。

完全未経験から、今はWEB系エンジニアとしてフリーランスをしています。

これから、プログラミングをはじめようと思っている方は、「3ヶ月で結果が出せたらいいな」と思っている人も多いかと思います。

僕も、プログラミングを始めた頃おなじように考えていました。

そこで、今回は僕が3ヶ月プログラミングを続けた体験談をお伝えしたいと思います。

とくに、プログラミングをまなんで、仕事や副業に活かしたいと考えている方には、参考になる部分もあるかと思います。

この記事では、こんなことが分かります!

今回の要点
  • 3ヶ月の行動と結果
  • フリーランスになるためにした「2つ」のこと

是非、最後までじっくりお読みください。

プログラミング3ヶ月の成果

プログラミング3ヶ月の成果

まず、僕が3ヶ月で出た結果はこんな感じです。

3ヶ月の結果
  • WEB系言語の基礎を習得
  • コーダーとしてWEB制作ができる
  • フリーランスとして開業
  • 3件の案件を受注
  • はじめての実務で大失敗を経験

ぶっちゃけ、スキルはショボかったですが、営業経験をいかし、なんとか案件をもらうことが出来ていました。

しむけん
次に、はじめたときの目標をお話しますね。

目標はフリーランスとして働くこと

目標はフリーランスとして働くこと

未経験で「フリーランス」になるなんて、今考えてもかなり無謀ですが、僕の目標はまさに、コレでした。

なぜ、未経験からフリーランスになりたかったのか?

それは、

「サラリーマンとして働くことに疲れてしまったから」

です。

こういうわけで、僕の人生を変える3ヶ月ガチ戦争がはじまったんです。

戦闘の記録はこんな感じです。

しむけん
目標をかなえる為にした「2つ」のことをお話します。

「スキル×営業」で人生が変わった

「スキル×営業」で人生が変わった

僕がしたことは、たった2つです。

それは、「スキル」と「営業」の両輪をまわすことです。

なぜなら、僕の目標が「フリーランスとして独り立ち」だったからですね。

つまり、スキルだけでも、営業だけでも食べていけないので、両方する必要がありました。

ざっくりとした、流れはこんな感じです。

3ヶ月タイムスケジュール
  • 1ヶ月目:プログラミング基礎をまなぶ
  • 2ヶ月目:ポートフォリオをつくり、営業
  • 3ヶ月目:実務をSTART

ぶっちゃけ、営業を開始した段階では、スキル的には不安要素が大きかったです。

しかし、明確なタイムリミットがあったので行動しました。

うつ病で無職だった僕は、子どもの保育園の都合で、3ヶ月後までに「仕事している必要」があったわけです。

つまり、「サラリーマン」に戻るのか「フリーランス」になるのかの2択だったわけです。

こんな状況だったので、無謀な計画で動いていました。 

話が脱線したので戻します。

具体的なアクションはこんな感じで進めていきました。

1ヶ月目 スキル

スキルを磨きました

まず、1ヶ月目で基礎スキルを学びました。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • jQuery
  • PHP
  • WordPress

Progate、ドットインストール、youtubeなどを使い、基礎学習を深めていきました。

ちなみに、具体的にこんなもので学習しました。

学習につかったもの

  • Web制作者のためのCSS設計の教科書
    Web制作者のためのSassの教科書
    CSS設計完全ガイド
    jQuery最高の教科書
    WordPressの教科書
  • WEBサービス
    Progate
    ドットインストール
    Udemy
  • note
    これすけさんのnote(ロードマップ)
    Showheyさんのnote(営業方法関連)

学習費用が気になる方は、こちらで説明しています。

プログラミング未経験が1000時間つかった未来【月100万達成】
プログラミング未経験が1000時間つかった未来【月100万達成】

続きを見る

2ヶ月目 スキル×営業

スキル×営業

2ヶ月目は、実際につくった制作物をポートフォリオとしてまとめ、営業フェーズに入っていきました。

この記事で、最重要の部分になりますが、結果をだすためには案件を獲得することが大切です。

なぜなら、案件をこなす=爆速成長=結果でる、という流れだからですね。

ちなみに、テレマは使わず、メールでアポを取り、訪問という流れが多かったです。

2ヶ月目で案件受注と、失敗を経験しました。

この失敗から、足りないスキルを磨きつつ、実務をこなすフェーズにうつっていきました。

営業方法は、こちらに書いています。

【必見】フリーランスに必要な営業方法! 未経験でも怖くない!
【必見】フリーランスに必要な営業方法! 未経験でも怖くない!

続きを見る

3ヶ月目 実務でスキルを磨く

実務でスキルを磨く

とにかく実務をこなして、わからない部分をなんとか解決し、スキルを磨いていました。

今もこの延長線上にいますが、やはり基礎学習と違い、成長がはやいです。

なぜなら、妥協が許されないからです。

一方、基礎をまなぶ段階では

「あ~わからん。まぁいっか、次進も!」

とショートカットしていました。

つまり、避けられない問題を解決するので、めちゃくちゃ成長スピードがあがってたんですね。

よく、実務経験をまなぶのには「就職」が良いと聞きますが、それも理解できました。

ただし、基本的には「自己解決できる力」を伸ばすことが必要かなと思っています。

まとめ スキルが雑魚でも、案件があればなんとかなる。

3ヶ月プログラミングを続けた結果、なんとかフリーランスの入り口にたてました。

「スキル」だけではなく「営業」も取り組むのが大事だったのかなと思っています。

まだまだスキルは雑魚ですが、おかげさまで「じぶんの出来る範囲の案件」が集まりつつあります。

フリーランスを目指している方は、くれぐれも「スキル」だけに特化せず、案件をみつける時間も作るようにしましょう!

良い気付きになれば嬉しいです。

今回は以上です。

-フリーランスになるには, プログラミング

© 2021 ブロサポ! Powered by AFFINGER5