【解決策あり】プログラミングセンスが無いと感じたら、こう考えよう
悩んでいる人

「プログラミング学習を続けているけど、全然わからない・・・。

同じ時期にはじめた人はどんどん成果をだしているし、かなり焦っている。

自分にはセンスがなく、向いてないのだろうか・・・。」

 

こういったお悩みに答えます。

 

本記事の内容

・センスがなくてもプログラミングで仕事はできます!

・プログラミングセンスない=思い込み

・プログラミングセンスないと感じる理由

・プログラミングセンスは環境で解決できる

本記事の信頼性

しむけん(@shimuken0104)

この記事を書いている僕は、通算ブログ歴1年6ヶ月。

現在は、フリーランスエンジニアをしつつ、ブログを書いています。

 

プログラミング学習を続けていると、わからないことが多すぎて、しんどくなるときもありますよね。

 

前に勉強したことを忘れていたり、エラーで前に進めない時間が続くと、

 

「もしかして、自分ってプログラミングセンスないのかな・・・」

 

と思うこともあるかと思います。

 

けど、安心してください。

 

プログラミングで稼ぐだけであれば、センスは不要です。

 

プログラミング初心者の場合は、「センス」より、むしろ「環境」に問題があることが多いからです。

 

この記事を読み終えると、「自分ってセンスないのかな」と悩む時間は少なくなります。

 

最後までじっくりお読みください。

センスがなくてもプログラミングで仕事はできます!

センスがなくてもプログラミングで仕事はできます!

センスがなくてもプログラミングで仕事はできます。

 

たとえば、タクシードライバーは、「いつも最短で目的地につける運転手」ばかりじゃありませんが、「お客さんを目的地に運ぶ仕事」はできていますよね。

 

もちろん、「雑なプログラムでも動けばいい」といっているわけではありません。

 

けど、プログラミングの仕事をしている人が「全員センスの塊」ではないことは、なんとなく理解できるかと思います。

プログラミングをする目的を思いだそう

プログラミングをする目的を思いだそう

あなたがプログラミングをはじめた目的はなんでしょうか?

 

プログラミングを仕事にしたいとか、副業にしたいといった目的があるかもしれませんね。

 

例えば僕の場合は、プログラミングスキルを磨いてフリーランスになることが、最初の目的でした。

 

その目的を達成する為に、センスは必ず必要でしょうか?

トップを目指そうとしすぎていないか?

トップを目指そうとしすぎていないか?

いつのまにか目的が「完璧にプログラミングをすること」になっていたりしませんか?

 

僕は悪い意味で「完璧主義」なところがあったので、この罠にはまることが多かったです。

 

そんなときに、「プログラミングをはじめた目的」を思いだして、学習ハードルを下げましょう。

 

無理に、ハードルをあげても続かないので、肩の力を抜くくらいがちょうどイイですよ。

プログラミングセンスない=思い込み

センスない=思い込みです。

「センスないのかな・・・」と感じるほとんどが「思い込み」です。

 

厳しいですが「できない理由」を「センス」という言葉で片付けている人が多いかなという印象があります。

 

おそらく、「できる方法」を見つけることさえ出来れば、「センス」という言葉に悩まなくなるハズ。

 

「できる方法」を知るには「センスないと感じるタイミング」を知ることが大切です。

プログラミングセンスがないと思う理由

プログラミングセンスないと感じる理由

プログラミング学習を進めていくと「センスないな自分」と感じることは、わりと誰にでもあることだと思います。

 

プログラミングのセンスがない、と感じる理由をご紹介していきます。

その1:エラーが何時間たっても解決できない

その1:エラーが何時間たっても解決できない

プログラミングには、エラーがつきものです。

 

色々調べても、なかなかエラー解決できないと「センスないのかな・・・」と感じることも多いハズ。

その2:結果をだしている人と比べすぎてしまう

その2:結果をだしている人と比べすぎてしまう

最近、プログラミングをはじめた人がTwitterなどで繋がっているのを、よく見かけます。

 

一緒に始めた仲間がどんどん成果をだしていると、焦りがでて「センスないのか、自分」と思ってしまうこともあると思います。

その3:なかなか、成果につながらない時

その3:なかなか、成果につながらない時

プログラミングをはじめる目的で多いのが、「副業」「フリーランス」「転職」など、仕事につなげたいというものがあります。

 

学習続けてもなかなか「仕事」に結びつかないと、センスがないと感じてしまう人もいます。

 

仕事につなげるには「プログラミングスキル」以外の要素もかかわってくるので、総合的にスキルを伸ばす必要はあると思います。

 

センスないと感じる場面は2つです。

「自分はセンスがない」と感じるタイミングは、

 

・人と比べる
・長時間うまくいかないとき

 

の2つにまとまります。

 

実は、この2つは環境でほぼ解決できるんです。

センスない悩みは、ほぼ環境で解決できる

センスない悩みは、ほぼ環境で解決できる

センスないと感じる原因がわかれば、あとは解決するだけです。

 

解決方法は2つ。

 

  1. 人と比べる環境から離れる
  2. 相談できる環境をつくる

 

1つずつ説明していきます。

解決法1:人と比べる環境からはなれる

解決法1:人と比べる環境からはなれる

モチベーションをあげる為に、仲間がいる環境をつくったハズ。

 

なのに、仲間と比較して苦しむくらいなら、いっそ人と比べる環境から離れましょう

 

実際に、僕はプログラミング開始時から、Twitterをしていますが、周りは気にしないようにしていました。

解決法2:相談できる環境をつくる

解決法2:うまくいかない時に相談できる環境をつくる

プログラミング学習は、最初のハードルが高いです。

 

ある程度、基礎ができてくると、考え方のコツがわかってくるのですが、最初は分からないことだらけなので、苦労します。

 

おすすめは、相談できるメンターつきのプログラミングスクールを利用することです。

 

エラーがおきても、すぐ解決できる環境があると、「センスないな自分」状態にならずに済みます。

 

プログラミングスクールは、オンライン学習ならTechAcademyあたりだと専属メンターもつくので、おすすめです。

 

転職を考えている人には、転職率99%のTECH CAMPがいいかと思います。

 

独学より、効率よくまなべるので、自己投資と思って即行動できる人の方が成果がでるのも早いですよ。

まとめ:「センス」なくてもプログラミングはできる。

今回は、プログラミングにセンスは必要ない理由についてご紹介しました。

 

プログラミングでセンスがないと思う理由は、下記のとおりでした。

 

プログラミングセンスがないと思う理由
  1. エラーが何時間たっても解決できない
  2. 結果を出している人と比べすぎてしまう
  3. なかなか、成果につながらない

 

解決策は、人と比べる環境から離れることや、プログラミングスクールで学べる環境を用意することです。

 

ご紹介したプログラミングスクールは、下記でした。

 

 

無料体験もやっているので、あなたにあう環境なのか確かめるのもいいと思います。

 

センスないと感じる理由を明確にして、改善することが大切ですね!

 

今回は以上です。